施設概要本文へ

施設概要

施設概要

所在地

北海道登別市登別東町3丁目17-6
TEL 0143-83-1331
FAX 0143-83-2038

泉質

芒硝泉

適応性

神経痛 筋肉痛 関節痛 慢性消火器病 動脈硬化症 運動麻痺 関節のこわばり
うちみ くじき 五十肩 痔疾 病後回復期 疲労回復 健康増進 慢性皮膚病 きりきず やけど 冷え性

施設概要

客室総数 24室
収容人数 80名
宴会場   50名収容可能

経営

株式会社 ケアコミュニケーションズ
〒060-0052 札幌市中央区南2条東1-1-12フラーテ札幌2F
TEL 011-232-2702  FAX 011-232-2991

登別いずみヴィラ沿革

◎製塩業
昭和31年 2月 井華塩業株式会社 設立
昭和31年12月 製塩工場試運転(道内初の合理化された機械化製塩法)
        敷地47,000坪 従業員 87名

昭和34年 3月 「塩業整備臨時措置法」交付(→製塩業者の整理)
昭和35年 5月 廃止許可、廃業(僅か3年半の操業)

製塩事業取組の経緯
昭和29年12月石炭不況のはじまりに際し新規事業を模索して
 調査室設置→低品位炭の利用を中心に調査研究
 石炭大手各社いずれも自社低品位炭の活用という発想で製塩事業に着目
 三井鉱山・・・福岡県・大牟田市(三井製塩(株))
 三菱鉱業・・・長崎県・崎戸

登別での工場立地の理由
 (1)低品位の自社微粉炭が、豊富であること(空知地区より陸送)
 (2)道内に製塩業がなく、政府も工場建設を希望
 (3)海水の採取と用地取得、輸送面の優位性(国鉄登別駅至近)と地元の積極的な誘致姿勢


◎旅館経営
昭和38年 8月 製塩工場跡地で温泉ボーリングに成功
 但し、当土地は低地帯で景観に乏しく観光開発に不適であることから、隣接する白老超虎杖浜海岸に10万坪の大地を購入

昭和39年 5月 社名を井華塩業から「泉観光開発株式会社」に改称

昭和40年 5月 保養施設「いずみヴィラ」開業(井華塩業の社宅・寮を活用)

昭和48年 7月 「井華観光開発株式会社」設立
(出資:虎杖浜土地保有連係14社、住友生命、住友石炭)

昭和50年 当時住石開発株式会社所有「いずみヴィラ」の経営も受託

平成元年 2度の洪水により 移築決定

平成 2年 6月 住石アパート確認申請

平成 2年 6月 住石アパート工事着手

平成 2年 8月 配水管 道路に埋設

平成 2年 8月 住石アパート竣工

平成 2年 9月 住石アパート入居

平成 3年 3月 いずみヴィラ新築のため開発行為許可申請

平成 3年 3月 道路の管理帰属

平成 3年 5月 いずみヴィラ確認申請

平成 3年 5月 いずみヴィラ工事着手

平成 3年 8月 給湯管 雑用水埋設

平成 3年 9月 いずみヴィラ竣工

平成 3年10月 いずみヴィラ営業開始

平成 6年 4月 華観光開発株式会社、住石興発株式会社に吸収合併

平成17年 1月 「ホテルいずみ」(株)レストランサポートへ営業譲渡

平成17年 9月 (株)ケアコミュニケーションズにて営業開始